ニュース

ケンタッキーが本当に次世代ゲーム機を発表 衝撃のスペックで“チキンを温める機能”も搭載

1: 風吹けば名無し 2020/12/23(水) 10:20:05.59 ID:5yq9L6MC0

なんとファーストフード大手のケンタッキーフライドチキン(KFC)が6月13日に発表し、話題となったゲーム機「KFConsole」。PS5やXbox Series Xなどの次世代機発売にあわせたジョークだと受け止める声も多かったが、なんと同コンソールが実際に発売されることが決定した。

ビジュアルはKFC実店舗でよく見かけるバケツ型容器(バーレル)のような形状をしているが、スペックは「4K対応で240Hz出力をサポート」や「240FPS対応」、「VR対応」Intel NUC 9をCPUとして、ASUS製のNVIDIA系カードをグラフィックボードとして備えており、
SSDにSeagate・BarraCuda(1TB)が搭載されるなど、ハイエンドなPCゲーミングPCモデルを載せており、まったく隙がない。さらに独自の機能として、チキンを温める「チキンチャンバー」も実際に内蔵している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/3b1fc40c4474aa6807504072e06f0d43cb64215b








続きを読む

【画像】禿、サブサブブランドで2,980円

1: 白色矮星(愛知県) [US] 2020/12/22(火) 10:30:31.81 ID:lrxgMkqx0● BE:723460949-PLT(14000)









続きを読む

どうする?女装男が女子トイレに来る 戸籍は男だが性同一性障害の男に女子トイレ使わせないのは違法判決(画像あり)

1: 蒼い未来 ★ 2020/12/22(火) 07:48:39.85 ID:yhamVtzE9 BE:659060378-2BP(7000)

sssp://img.5ch.net/ico/jisakujien_5.gif
戸籍上は男性だが
女性として勤務する性同一性障害の
経済産業省の50代の職員が、
女性用トイレの使用を制限されたのは違法だとして、
処遇改善や損害賠償を国に求めた訴訟の判決が12日、
東京地裁であった。

江原健志裁判長は
女性用トイレの自由な使用を認めなかった
人事院の判定を取り消し、
国に132万円の賠償を命じた。

画像
https://i.imgur.com/xMW2fA3.jpg

日経新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53272270S9A211C1CC1000








続きを読む

【画像】 アパートの下から巨大な石像を発見 忘れ去られた民族宗教の神像か …中国・重慶

1: ミラ(宮城県) [US] 2020/12/20(日) 20:51:14.77 ID:MjFMb+RW0● BE:601381941-PLT(13121)

sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
頭のない巨大石像、集合住宅の下から発見 中国・重慶

https://www.cnn.co.jp/storage/2020/12/18/2d42cd98c32bcde6ba760c5baea5cbd1/201216231018-03-headless-sculpture-china-restricted-super-169.jpg
https://www.cnn.co.jp/storage/2020/12/18/e5b64159e451eaf84884d365982bd46e/201216230936-02-headless-sculpture-china-restricted-super-169.jpg

中国南西部の重慶市で、急斜面上にある2棟の集合住宅のビルの下から岩面に掘られた巨大な石像が見つかり話題になっている。

地元南岸区によれば、石像は高さ約9メートルで、頭部は欠落していた。これまで厚く茂った植物に覆い隠されていたが、最近行われた集合住宅の
改修作業の間に発見されたという。

中国のソーシャルメディアでは頭のない石像の写真が瞬く間に広まり、多くは「ブッダ」と形容していた。マスコミにも取り上げられ、歴史や起源に関心が高まった。

石像は一部がこけに覆われた姿で、ひざの上に両腕を置き、手の上には丸い石のようなものを持っている。像がまとう衣やひだの一部も見える。

国家文化財調査によると、この石像は中国の共和制時代(1912~49年)に建造されたと思われる。調査は10年以上前に行われていたが、
像はそのまま放置され、忘れ去られていたらしい。

地元自治体によると、頭部は1950年代に破壊されたらしく、80年代には周辺に集合住宅のビルが建設された。

地元自治体の依頼でこの像を調べた専門家は、仏像ではなく民族宗教に関連した神像らしいと推定している。

この像の隣にはかつて、道教の雷神をまつる寺院が建立されていたが、1987年に解体された。像は1997年に地元の文化財に指定されていたという。

石像がたちまち見えなくなった背景には、重慶の急速な都市化が関係しているらしい。人口3000万人以上に膨れ上がった重慶では、この数十年の間に
無数の建物が建設され、歴史遺産や文化財が犠牲になることもあった。同地は起伏が多く、住宅の多くは斜面に建設されている。

https://www.cnn.co.jp/style/arts/35164075.html








続きを読む

【速報】 安倍首相、日本のミサイルを格段に強化していた ステルス・極超音速で必中撃破へ 画像あり

1: レア(岐阜県) [DE] 2020/12/16(水) 08:17:58.97 ID:+HFjyVZ00● BE:789862737-2BP(2000)

sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
画像
https://i.imgur.com/mOl3U4L.jpg
https://i.imgur.com/1SfvTQT.jpg
https://i.imgur.com/FS2FUOr.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/08/Type_12_%28AShM%29_firing%2C_Japan_GSDF.jpg

【独自】長射程ミサイル、新たに開発へ…敵基地攻撃にも活用の可能性

政府は、年末までに検討中の「ミサイル阻止」の新たな方針の一環として、敵ミサイルの射程圏外から攻撃できる長射程巡航ミサイル(スタンド・オフ・ミサイル)を新たに開発する方針を固めた。地対艦ミサイルを改良し、艦艇や航空機からも発射でき、地上目標も攻撃できるようにする。来週にも閣議決定する。
長射程化するのは「12式地対艦誘導弾」。現在は百数十キロ・メートルの射程を、数百キロ・メートルまで伸ばす見通しが立ったという。一定のステルス性能を持たせる考えで、将来的には敵ミサイル基地などへの攻撃に活用することも可能とみられる。

2020/12/9
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20201208-OYT1T50282/

長射程ミサイル、22年取得 離島防衛、「敵基地攻撃」転用も

離島防衛などで敵の脅威圏外からの対処を可能にする「スタンド・オフ・ミサイル」と位置付ける射程約500キロのミサイルを、
防衛省が2022年3月までに取得することが分かった。
防衛省などによると、取得するのは、ノルウェー製の対地・対艦ミサイル「JSM」。開発が完了し、22年3月中旬が納期となっている。JSMはF35の胴体内部に搭載でき、レーダーに探知されにくいF35のステルス性を生かした対艦・対地攻撃が可能となる。
 空自が保有するF15戦闘機のうち近代化する機体についても、米ロッキード・マーチン社製の射程約900キロのミサイル「LRASM」や
「JASSM」の搭載が検討されている。米軍は戦略爆撃機を使いJASSMの発射試験を実施。LRASMはイージス艦発射用にも開発が進んでいる。
 安倍政権は射程上、敵基地攻撃にも使えるスタンド・オフ・ミサイルの保有について、憲法9条に基づく専守防衛との整合性について議論を尽くさずに導入を決定した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020090600201&g=pol








続きを読む

フィットネスクラブ・スポーツ教室の閉店や倒産が激増、菅総理はなぜ救済しなかったのか?

1: 青色超巨星(北海道) [ニダ] 2020/12/16(水) 13:11:25.05 ID:P2Ygghne0 BE:422186189-PLT(12015)

sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
https://sapporonishi-teine.goguynet.jp/wp-content/uploads/sites/75/2019/06/fittness.jpg

フィットネスクラブ「JOYFIT」(ジョイフィット)が、2021年1月31日に全国で47店舗を閉店させることがわかりました。
https://sapporonishi-teine.goguynet.jp/2020/12/11/joyfit/








続きを読む

【ブラジル】レストランで咳して飛び蹴り食らう=「コロナ拡散する気か!」と怒る客から

1: 首都圏の虎 ★ 2020/12/16(水) 08:11:19.22 ID:HQWf6ifN9

※ニッケイ新聞

 新型コロナの感染再拡大で皆が神経質になっている中、感染者増加が目立つ南部パラナ州のレストランで、食事をのどに詰まらせて咳込んだ男性が、別の客から暴行を受け負傷するという事件が起きた。

 事件が起きたのは9日夜。パラナ州都クリチバ市在住の男性は、妻と共にレストランへ行き、食事をしていた。ところが食事がのどに詰まって咳をしたところ、少し離れたテーブルにいた男性客がものも言わずに飛びかかり、殴る・蹴るの暴行を加えた。最初の飛び蹴りは男性の妻も巻き込み、二人にけがを負わせた。

 椅子から転がり落ちた男性がやっとの思いで立ち上がると、暴漢は「お前はコロナの感染者だろう? 咳をして、ウイルスをまき散らそうとしたに違いない」とまくしたててきたという。

 男性が「感染なんかしていない」と言うと、暴漢は「俺の家族は皆、コロナに感染して入院しているんだ。それなのに周りで咳をしたりする奴がいたから、きっと、こいつもウイルスをまき散らかそうとしているに違いないと思い込んでしまったんだ」と釈明したという。

 それを聞いた男性が、「俺も3カ月前に父親をコロナで失ったんだが、そのせいで人に暴力を振るうつもりはさらさなない」と言うと、暴漢は謝った後、連れ合いと共に立ち去ったという。

 被害に遭った男性は、マスク着用その他の感染予防措置を行ってレストランに赴いた。だが少し咳込んだせいであらぬ嫌疑をかけられ、夫婦そろって負傷した。男性夫妻は警察に行き、被害届を出した後、けがの状態を確認するために法医学研究所で身体検査を受けた。

 一緒にいて負傷した妻は「感染が怖いなら、外に出てウイルスにさらされるより、家にいるべきよ。薬局やスーパーに行って、誰かが咳をしたら、『お前はコロナ患者だな!』なんて言いながら暴力を振るうのが当たり前だと思う?」と語っている。

 警察は今後、防犯カメラの映像を分析して暴漢を特定し、傷害罪で告発する意向だ。レストラン側は防犯カメラの映像を提出後、体温測定や人数制限、営業時間などのコロナ対策を徹底している事と、どんな状況であっても暴力は認められないとの意向を明らかにしている。(10日付G1サイト、11日付UOLサイトより)

https://news.yahoo.co.jp/articles/760ab532e859edbf39ec0156c5f79b24f124e45e
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201216-00010002-nikkey-000-1-view.jpg








続きを読む

【速報】 安倍首相、日本のミサイルを格段に強化していた ステルス・極超音速で必中撃破へ 画像あり

1: レア(岐阜県) [DE] 2020/12/16(水) 08:17:58.97 ID:+HFjyVZ00● BE:789862737-2BP(2000)

sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
画像
https://i.imgur.com/mOl3U4L.jpg
https://i.imgur.com/1SfvTQT.jpg
https://i.imgur.com/FS2FUOr.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/08/Type_12_%28AShM%29_firing%2C_Japan_GSDF.jpg

【独自】長射程ミサイル、新たに開発へ…敵基地攻撃にも活用の可能性

政府は、年末までに検討中の「ミサイル阻止」の新たな方針の一環として、敵ミサイルの射程圏外から攻撃できる長射程巡航ミサイル(スタンド・オフ・ミサイル)を新たに開発する方針を固めた。地対艦ミサイルを改良し、艦艇や航空機からも発射でき、地上目標も攻撃できるようにする。来週にも閣議決定する。
長射程化するのは「12式地対艦誘導弾」。現在は百数十キロ・メートルの射程を、数百キロ・メートルまで伸ばす見通しが立ったという。一定のステルス性能を持たせる考えで、将来的には敵ミサイル基地などへの攻撃に活用することも可能とみられる。

2020/12/9
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20201208-OYT1T50282/

長射程ミサイル、22年取得 離島防衛、「敵基地攻撃」転用も

離島防衛などで敵の脅威圏外からの対処を可能にする「スタンド・オフ・ミサイル」と位置付ける射程約500キロのミサイルを、
防衛省が2022年3月までに取得することが分かった。
防衛省などによると、取得するのは、ノルウェー製の対地・対艦ミサイル「JSM」。開発が完了し、22年3月中旬が納期となっている。JSMはF35の胴体内部に搭載でき、レーダーに探知されにくいF35のステルス性を生かした対艦・対地攻撃が可能となる。
 空自が保有するF15戦闘機のうち近代化する機体についても、米ロッキード・マーチン社製の射程約900キロのミサイル「LRASM」や
「JASSM」の搭載が検討されている。米軍は戦略爆撃機を使いJASSMの発射試験を実施。LRASMはイージス艦発射用にも開発が進んでいる。
 安倍政権は射程上、敵基地攻撃にも使えるスタンド・オフ・ミサイルの保有について、憲法9条に基づく専守防衛との整合性について議論を尽くさずに導入を決定した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020090600201&g=pol








続きを読む
google
 
 
 
 
 
QRコード
QRコード